振り込め詐欺

 
振り込め詐欺は、以前まで「オレオレ詐欺」や「架空請求詐欺」「融資保証金詐欺」などと
呼ばれていましたが、2004年12月9日に警察庁により「振り込め詐欺」と名前が統一されました。

不特定多数を相手に、身に覚えのない支払い請求(金銭の振込要求)を、
メールやハガキを使って脅迫的な文面で送りつける行為のことをいい、
「○○最終通達書」などと掲げて、有料サイトの利用料などの名目で請求をしてきたり、
発信人は「△△債権管理センター」などと信頼できる機関と
誤認されやすいような表記である場合が多いようです。

また、電話で「オレだよ、オレ」といかにも自分の息子や孫と見せかけて
「事故にあってお金が必要だ」などと言い、お金を口座に振り込ませる手口や、
偽の勧誘電話、役所の人間になって電話してくるなど
様々な手口でお金を振り込ませ、手口もますます巧妙化しています。

あわてて連絡を取ったり、返信したりすると、
かえって頻繁に催促されることにもなるので、
こうした心当たりのない違法な請求は無視するか、
根拠のない悪質な取り立ての場合は、警察に届けておくのがのぞましいです。

ネットの普及で、不当請求トラブルは急増しており、
消費生活センターへの相談でも上位を占めています。

 
参考サイト
警視庁 こんな電話は振り込め詐欺!

 
 
この記事がもしお役に立ちましたらご投票よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ
にほんブログ村
 

タグ:,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ