押し貸し

 
契約もしていないのに勝手に銀行口座に現金を振り込み、
ある日、突然連絡してきて法外な高金利の利息などを請求する業者のことを「押し貸し」といいます。

狙われやすいのは多重債務者や、ネット上で口座情報を公開している人の他、
街頭やネットアンケートなどで聞き出している場合もあるので注意が必要です。

また、口座番号などの情報がどこで漏れているか判らないので、
具体的な予防策として、普段から自分の口座番号などの情報管理に注意を払う事が大切です。

万が一、知らないお金が振り込まれていた場合には、
そのお金には手をつけないことです。

また、あわてて借りた覚えはないと入金額を業者に返金してしまうと
業者は、その返済したお金を一部返済金だと逆手に捉えて
ますます、法外な高金利の利息などを請求する場合がありますので注意が必要です。

ですので、押し貸しに気づいたら、請求がなくてもお金には手をつけずに、
消費生活センター相談窓口やヤミ金対策担当の警察の窓口に相談してください。


自分だけで判断して支払いをしてはいけません。

一度押し貸しの被害にあわれたら、
速やかに口座は解約した方が無難でしょう。

 
国民生活センター 全国の消費生活センター
全国の警察ホームページ

 
 
この記事がもしお役に立ちましたらご投票よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ
にほんブログ村
 

タグ:, ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ