名義貸し

 
身内や親しい友達、彼氏、彼女などが、
返済は自分がするし、絶対に迷惑はかけないと言い、かなり困っている様子でいるので言葉を信じ、
ついつい「いいよ」と答えてしまう人もいるのではないでしょうか。
けれど、ちょっと待ってください。
軽い気持ちで名前や保険証などを貸す行為、これを「名義貸し」といいます。

消費者金融会社にとって契約したのは、あくまでも契約書に名前のあるあなたです。

いくら「名前を身内に貸しただけ」「友達に頼まれた」「お金を借りたのは彼氏だから」と言っても通用しません。
もし、そんなことが通用すれば「契約」というもの自体が成り立たなくなって、
世の中はめちゃくちゃになってしまいます。

契約をした人のところに請求書が来て、
契約をした人が契約どおりに支払いをするのは当然のことです。

それでは、もし「自分が借りたんじゃないから」と、支払いを放っておいたらどうなるでしょう。
あなたのもとには支払いを催促する電話や書類が来ます。
それでも放っておくと、いわゆるブラックとして信用情報機関に
あなたの名前が登録されてしまうのです。
お金も社会的信用も失ってしまう、それが「名義貸し」の罠なのです。

中には、借入れしたお金の一部をお礼にとあなたに渡す方もいますので
なんだか得した気分になってしまいがちですが、
しかし、そのお金はもし相手が返さなければ契約者であるあなたに返済義務があるのです。

もし、しっかり返済してくれたとしても、一度受けれてしまうとまた、頼まれてしまう可能性も増えますし、
その方の関係も悪くなる恐れが高いですので断ったほうがいいです。

中には、名義貸ししたために借金生活をする羽目になった方もいるようですので
くれぐれも「名義貸し」は行わないようにしましょう。

 
また、身内や親しい友達、彼氏、彼女などでなくても、
「カードローン会社について、その貸付状況を調査している」
「協力してくれれば謝礼を支払う」
というアルバイトをもちかけ、複数のカード会社と契約させた後にそのカードを預かり、
借入金を盗んでしまう名義貸しのアルバイト詐欺も存在します。

このような場合にも、法律上債務の支払義務は全て契約当事者であるあなたとなってしまいますので、
このような勧誘にも騙されないように気を付けてください。

 
 
この記事がもしお役に立ちましたらご投票よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ
にほんブログ村
 

タグ:,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ