総量規制対象外

 
総量規制とは、個人の借入れ総額が、
原則、年収等の3分の1までに制限される“貸金業法”のことをいいます。

増加傾向にある “多重債務問題の解決”
“安心して利用者がキャッシングできる貸金市場にするため”
2010年6月18日に「総量規制」が生まれました。

この「個人の借入れ総額」は、消費者金融・信販会社・クレジット会社系のカードローンなどに適用されます。

消費者金融業者などが総量規制に違反した貸付けをおこなった場合は、
行政処分の対象となりますので年収の3分の1を超える貸付はしてくれません。

一方、銀行系のカードローンは、“銀行法”が適用されるために、
総量規制の制限がなく、総量規制の対象外として年収等の3分の1以上でも借り入れすることが可能です。

他に、緊急の医療費の貸付けや、ビジネスローン・事業者ローンなど
事業性の資金は、総量規制の対象外になりますので借り入れすることができます。

また「おまとめローン」も、総量規制の例外(顧客に一方的有利となる借換え)にあたるため、
年収等の3分の1を超えても借入することが可能です。

 
 
この記事がもしお役に立ちましたらご投票よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ
にほんブログ村
 

タグ:,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ