知人にお金を貸す

 
知人にお金を貸すのは相手のためにもならないとよく言います。

確かに、お金を貸したら返してともいいにくいですし
返してもらっても、また貸してといわれるかもしれません。

借りたほうも、またお金がなくなったら
借りればいいと金を貸してくれる存在に思うようになるかもですし、
だんだん返済が遅れたり、返さなくなったりすることも考えられます。

お金が絡むと今までの人間関係が悪くなることも確かにありますので、
基本的には、お金の貸し借りはしたくないのですが、
大切な知人が本当にどん底で困っているときなんかもあります。

何とか助けてあげたい、自分のできる範囲で・・・
貸すほうも勇気がいります。

もし、知人が返してくれなかったら、そこまでの関係かもしれないですし、
自分の人を見る目もなかったのかと思いますし。
 

だから、お金を貸すときは、あげたつもりで貸したこともあります。
でも、これまでの経験では、運が良かったのか、ちゃんと返済してくれましたし、
それ以降、貸してとも言ってこなくなり、今でも居酒屋とかで酒をかわす仲です。

相手も本当に自分のことが大切だと思ってくれていたなら、
意地でも返したくなると思います。

知人にこれ以上、迷惑をかけたくない、
今まで通りの仲でいたいとなると思います。
 

でも、世の中きれいごとばかりじゃありません。

借りたまま行方不明になったり、
何度も何度も借りて挙句の果て返せないと言ってきたり。

そんなこともあるので、もし、私がお金を貸してもいいと思った相手なら貸すときに
今回がこれで最初で最後だからとも伝えて貸します。

ただ、一番は貸さないのに越したことはありません。
 

困ってる人を前に、はっきり嫌とは言い辛い、
自分の判断で返してくれなさそうな相手の場合には、

自分は金欠気味だからとお金を借りれるキャッシング会社を紹介してあげたり
会社が不景気で残業減ったので給料貰っても生活するのに精一杯なんだとか言ったり、
嫁さんがお金の管理しているから無理だとか言って貸さないようにしています。

あくまで自分の目で貸すか貸さないかは判断するようにしてます。

でも、結婚してからは、知人にはお金を貸さなくなりましたね。
自分だけのお金ではなくなったので。
知人も大切ですが、家族はかけがえのない存在ですから。

知人とも家族とも、今後も楽しくやっていきたいので
これからはお金の貸し借りなしで仲良くしようと思っています。

 

タグ:,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ